伊藤計一のブログ            >PHOTOGRAPHY 
ito2006.exblog.jp                                           
7.12 開放
明日からグループ展が始まります。
今回のお題は「絞り開放」。
僕は、Hasselblad・Distagon60mmF3.5で撮影した研ぎ師の水桶を展示します。
僕が使用した印画紙は、Hahnemuhle社のコットン紙がベースのILFORD MULTIGRADE ART 300。
ざらざらした質感の印画紙で、さらに古典技法に則り、油絵の具での極薄い調色を施してあります。

-----------------------------------------------
monochrome IV「絞り開放」展
主催:monochrome 展実行委員会
会場:Gallery E&M 西麻布
期間:2011 年 7 月 13 日(水)〜 2011 年 8 月 7 日(日)
   (月・火曜日休館 )
時間:12:00 〜 19:00(入場無料)
住所:東京都港区西麻布 4-17-10
電話:03-3407-5075
HP:http://www.takeuchi-studio.jp/gallery_em

展示作品
レンズの絞り開放で撮影された焦点深度の浅い写真は、背景が大きくぼけてフォーカスされた部分が浮き彫りになる。それは、選択で成り立つ写真に、奥行き方向の選択を強くしたことになり、作者が何に注目したのかを明確に示すことになる。
焦点深度を浅くしたこの技法そのものは、ピクトリアリズムの時代にディファレンシャル・フォーカスとして福原路草も好んで使っていたという。
現代に於いて、今回出展した作者達がレンズ開放の技を、どのように解釈しどのように使っているのか。各自各様の作品をお楽しみ戴けるものと思います。

展示作家
安達ロベルト、一色 仁、伊藤計一、中村うらら、織作峰子、金子 源、兼本玲二、亀山 仁、木津康夫、熊切大輔、小林伸幸、BAKU 斉藤、佐藤 理、鈴木光雄、高井哲朗、竹内英介、橘宏 幸、豊川勝士、中道順詩、永嶋勝美、ハービー ・ 山口、広川泰士、福岡 拓、福原 毅、藤井英男、細谷秀樹、舞山秀一、目羅 勝、善本喜一郎、レスリー ・ キー。(アイウエオ順)
[PR]
by itokei2006 | 2011-07-12 10:48 | 作品・展覧会
<< 7.13 コンデジ 6.26 アンドレ・ケルテス展 >>


悩み多き写真。  
my HPへ  
カテゴリ
全体
写真のこと
そぞろ歩き
SAKURA
Forest
Bench
Flower shop
Show window
Waterside
Tools
The Line-scape
作品・展覧会
カメラ・機材
写真技術
撮影日記
もろもろ
C級グルメ
備忘録
未分類
タグ
(40)
(38)
(36)
(36)
(35)
(26)
(15)
(15)
(12)
(11)
(9)
(4)
(4)
(4)
(3)
(1)
(1)
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧