伊藤計一のブログ            >PHOTOGRAPHY 
ito2006.exblog.jp                                           
<   2009年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧
5.31 今日は雨模様の一日
小石川後楽園の枝垂れ桜を写真に撮ってからだと思うが最近は枝垂れ桜も好きだ。
枝垂れ桜で一番印象に残っているのは弘前公園で薄曇りの中に咲いていた一本だろう。
b0079699_2252413.jpg
Planar75mmF3.5 Hukusimaken Miharu 2009.4
この時は快晴。花が輝いていた。
[PR]
by itokei2006 | 2009-05-31 23:17 | SAKURA
5.29 ピント
僕が手に入れる中古カメラはえらく古いものばかりで買ったままではピントが合わない場合が多い。

先日、古いLinhof6x9ホルダーのピント問題を解決する過程で中版カメラのフィルム平面性の確保方法に気がついた。
フィルムの送り出し軸と巻き取り軸には適度なフリクションや逆転防止機構が仕込まれていて、フィルムに適度なテンションを与えてフィルムの平面性を保っているのだ。

この観点で僕のRolleiflex2.8Fを見てみると、巻き取り軸のフリクションがまるでダメで逆転し放題。これでは平面性を確保できずピントが不安定なこともうなずける。
そこで再調整。分解して不要な潤滑グリースを除去して、硬いグリースや柔らかいグリースを使いさらにはクリアランスを調整してフリクションを調整。

少し巻き上げが硬くなりすぎた感はあるが、またしばらく使って様子を見ることにする。

b0079699_11171285.jpg
Planar80mmF2.8  ピントテストOK
[PR]
by itokei2006 | 2009-05-29 11:20 | カメラ・機材
5.19 ハクモクレン
紫色のがモクレン、白いのはハクモクレン。
間違いと言うほどではないと思いますが、つい最近まで僕の頭の中では「白いモクレン」でした。
b0079699_22382193.jpg
Planar75mmF3.5 新宿区
[PR]
by itokei2006 | 2009-05-19 22:40 | SAKURA
5.16 ホーロー引きのタル
僕は酒があまり飲めない。相性が良すぎるのだろうグラス一杯のビールで身体中にアルコールが廻って真っ赤になってしまうのだ。だからお酒を飲むことはあまり無く、お酒の味はよくわからないが、このタルで造る日本酒はきっと美味しいだろう。
b0079699_1543519.jpg
M3 Xenon5cmF1.5 福島県・喜多方
[PR]
by itokei2006 | 2009-05-16 15:56 | そぞろ歩き
5.15 シャワー
レンズの内面反射でしょうか、太陽の位置によってはこのようなことになる。

b0079699_18234451.jpg
M3 Xenon5cmF1.5 福島県・裏磐梯
[PR]
by itokei2006 | 2009-05-15 18:26 | そぞろ歩き
5.14 ヤマザクラ
車で通りかかった時に偶然に見つけたのだが、そこで写真を撮っていた方に聞いたらその筋ではけっこう有名な桜らしい。
残雪の飯豊山をバックに立つ孤高の姿は凛として美しい。

b0079699_9425245.jpg
M3 Xenon5cmF1.5 山形県・小国町
[PR]
by itokei2006 | 2009-05-14 10:06 | SAKURA
5.12 ソメイヨシノ
ソメイヨシノは自身では繁殖できない。ソメイヨシノにも実は成るがその種から育つものはソメイヨシノではないという宿命を持っている。
それにもかかわらず百年と少しで日本全国の桜の8割を占めるまでになった。
ソメイヨシノは、日本人が思い描く理想的な「桜らしさ」ゆえに、日本人の心をつかみ、繁殖の手伝いをさせることに成功した桜と言うことができるらしい。(佐藤俊樹著・桜が創った「日本」を読んで)

b0079699_9575284.jpg
M3 Xenon5cmF1.5 山梨県・信玄堤
[PR]
by itokei2006 | 2009-05-12 10:21 | SAKURA
5.11 雪囲い
豪雪地帯では桜の雪囲いも大変だ。
桜はどこでもよく保護されている。
桜から見れば、人間は桜の種保存のために働くしもべなのだ。
b0079699_11204674.jpg


b0079699_1113495.jpg
M3 Xenon5cmF1.5 山形県・小国町
[PR]
by itokei2006 | 2009-05-11 11:22 | SAKURA
5.10 芽吹き
(続き)
レンズの焦点距離とカメラを向ける方向で現実風景のどの部分をすくい取るのかが、肝心であることに違いはないが、ここ数年はさらに焦点深度とレンズ銘柄に注目している。

浅い焦点深度の活用はいわば奥行き方向でのセレクトであり、注目してもらいたい部分を補強。
そして表現意図を補強できうる雰囲気を持つレンズ銘柄をセレクト。

でもなかなかうまくいかない。

b0079699_1141629.jpg
M3 Xenon5cmF1.5 福島県・裏磐梯
[PR]
by itokei2006 | 2009-05-10 11:07 | Waterside
5.9 セレクト
写真を撮る行為はセレクトで成り立っている。
フォーマット、フィルム、レンズ焦点距離、カメラを向ける方向、ピント位置、焦点深度、シャッター速度、シャッタータイミング、それとレンズ銘柄。

b0079699_23262239.jpg
M3 Xenon5cmF1.5 福島県・裏磐梯 カヌー 
[PR]
by itokei2006 | 2009-05-09 23:29 | Waterside


悩み多き写真。  
my HPへ  
カテゴリ
全体
写真のこと
そぞろ歩き
SAKURA
Forest
Bench
Flower shop
Show window
Waterside
Tools
The Line-scape
作品・展覧会
カメラ・機材
写真技術
撮影日記
もろもろ
C級グルメ
備忘録
未分類
タグ
(40)
(38)
(36)
(36)
(35)
(26)
(15)
(15)
(12)
(11)
(9)
(4)
(4)
(4)
(3)
(1)
(1)
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧