伊藤計一のブログ            >PHOTOGRAPHY 
ito2006.exblog.jp                                           
<   2009年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧
8.28 写真展のご案内
(時々ブログトップに表示します)
------------------------------
続けて2つのグループ展に出展します。
いずれの写真展でも僕の大きなテーマ「風景に潜むメッセージ」を表現しています。(つもりです)

どうぞおいで下さい。

1) 9/15~9/27 「和紙へ」 
 5人が思い思いの和紙を使用。
 僕は版画用の雁皮紙にプリントした「SAKURA」を12点出展します。
 9/18 18:00~のオープニングパーティ(無料)にも是非おいで下さい。

b0079699_8223559.jpg
(クリックで拡大)
b0079699_823981.jpg




2)10/1~10/7 第19回あっぷる展「モノフロール」
 11人が花を被写体としてモノクロで表現。
 僕は樹の花を10点。
 銀塩-銀塩、銀塩-デジタル、中版デジタル、大判8x10フィルム、プラチナプリント、デジタルステッチで幅4m、和紙へのデジタル出力など様々な表現手法も楽しめます。
 是非おいで下さい。10/1 18:00~のオープニングパーティ(無料)にも是非。

b0079699_8443582.jpg

b0079699_8445878.jpg

[PR]
by itokei2006 | 2009-08-28 08:25 | 作品・展覧会
8.25 8x10現像結果
8x10の皿現像4枚が完了しました。
初めて処理した8x10はとても大きく感じハンドリングに苦労しました。やはり慣れが必要です。
b0079699_21332040.jpg
EOS20D Nikkor35mmF1.4

結果
ネガ傷つき・・・2枚
現像ムラ・・・軽いが全てに発生(焼きでなんとかなりそうな程度)
 (A)画像の4辺エッジが5mmくらいの幅で少し濃くなる・・・全てに発生
 (B)画像中央が少し薄くなる・・・1枚
布目模様の汚れ・・・・2枚

初めてであり、1枚は使えそうなのでとりあえずこれで良しとする。


原因と対策
 ネガ傷つき;停止/定着/水洗は2枚重ねて処理し、上下を入れ替える際に片方のネガの4隅のエッジがあたり傷つけたもの。対策は隅があたらないように両手で丁寧に処理。(2度目の2枚は無傷)

 現像ムラ(A);現像は六ッ切りのバットを2枚並べ、各々のバットで1枚ずつ処理したのだが、揺らし撹拌の祭の未疲労液がエッジに当たるため現像が深くなり濃度が上がったもの。対策は難しい。
撹拌方法を工夫してみたい。

 現像ムラ(B);撹拌の揺らしを長辺方向と短辺方向交互に行うが揺らし方が小さかったため疲労した現像液が中央に淀んだためと推定する。対策は揺らしをを大きくすると共にバットを大きくしてフィルム面中央での淀みを少なくする。

追伸;(A)(B)は引き上げ撹拌にすれば解決するかも。

布目模様の汚れ・・・ホルダーへのフィルム装填時に小さいダークバッグを使用したため乳剤面にダークバッグの布があたって付いた汚れと思われる。対策は8x10用のテント型チェンジングバッグを使用する。


やってみることで色々なことがわかる。次はもっと良い現像を!
[PR]
by itokei2006 | 2009-08-25 20:55 | 写真技術
8.25 暗室復活
今日は8x10のフィルムを現像しようと思います。
7-8年ぶりに部屋を暗くしなくてはいけません。

掃き出し窓は雨戸でOK。出窓にはキット(ベニヤで作った枠)をはめ込み、入口ドアのはめ込みガラスからの光をさえぎるためにダークカーテンをドアに掛け、そしてエアコンのインジケーターランプに黒いテープを貼ります。これで真っ暗、日中のフィルム皿現像が出来ます。

目が暗闇に慣れて来ると、雨戸のあたりに薄ぼんやりと光が漏れてきているのが判ります。でもこのくらいは大丈夫。なぜなら暗室時計の文字盤のほうが明るいのです。

さてバットを屋根裏から引っ張り出さねば。屋根裏はえらく暑いのよ。

一回やっておけば次は楽に出来るでしょう。


追伸;むむ、・・暗室時計が見あたらない。捜索中。
追伸2;発見。電池切れで動かない。単2電池を買いに行かねば。
[PR]
by itokei2006 | 2009-08-25 11:23 | もろもろ
8.22 今日はフィルム現像などをちょいと
久しぶりのフィルム現像。
昨晩から現像液、定着液、水洗促進剤を19度に設定した保温庫に入れておいた。
液温調整が自動で出来るおかげでフィルム現像を始める気構えの敷居がずいぶん低くなる。冬は温めることも出来るありがたい保温庫だ。
フィルムを現像タンクに装填し現像液を注入。開始から2、3分後に液温を測ると20.0度。タンクが暖まっているので低めの液を注入するとちょうど良くなるのだ。
僕は現像途中の液温で現像時間を加減している。20度ちょうどなので加減無し。
定着、水洗中は氷水で現像液を冷やしながら作業を続けるが、それでも10本目を現像するころには21.2度となり、14%の時間調整を行った。

b0079699_15533449.jpg
EOS20D EF50mmF1.4
[PR]
by itokei2006 | 2009-08-22 16:14 | もろもろ
8.20 グループ展
9月15日から27日(目黒)と10月1日から7日(新宿)の2回、写真展(グループ展)を予定していてその作品作りにそろそろ気合いを入れなくてはいけない。
両方とも僕の写真の大きなテーマに沿った内容を、各々約10点展示するつもりです。

今回は和紙へのデジタルプリントです。
和紙はインクジェット用ではなく版画用を使いますが、とてもいい感じです。
現物は是非現地で。

写真展の詳細ご案内は後日アップします。
[PR]
by itokei2006 | 2009-08-20 22:25 | 作品・展覧会
8.14 レンズボード
作りました。木工なので簡単です。
4ミリ厚のシナ合板から139ミリ角と125ミリ角を切り出します。
139ミリ角にはレンズ取付用の穴、125ミリ角には遮光用の段を付けるための大きめの穴を空けます。丸い穴は紙用のオルファ・コンパスカッターで空きます。
バリをヤスリ掛けして綺麗にします。
二枚を木工ボンドで貼り合わせます。
接着剤が乾燥したら塗装します。裏はつや消しブラックスプレー、表はお好みの色のニス。
表が乾燥したらサンドペーパーをかけてもう一度塗ります。
乾燥したらレンズを取り付けます。
b0079699_1893280.jpg
EOS20D Nikkor35mmF1.4
[PR]
by itokei2006 | 2009-08-14 17:54 | カメラ・機材
8.7 ノンコート
広角も試してみたくなり、28mm相当の210mmをeBayで落札。
ギリシャから届いた。これで打ち止め。
GOERZ DOUBLE-ANASTIGMAT. SERIES3 8.25INCH F6.8
ダゴールと改名する前のレンズなので1904年以前なのかな???
最大にライズしてもけられない。どんな写りをしてくれるか楽しみ。
b0079699_2248158.jpg

[PR]
by itokei2006 | 2009-08-07 22:52 | カメラ・機材
8.1 ダークバッグ
横幅69センチのLサイズなれど8x10フィルムの装填には窮屈。なんとか装填できたもののフィルムを汚してしまわないか心配なところである。横幅あと10センチくらいほしい。

このダークバッグはかなり前に購入したもので、袖がすり切れたりゴム引きのゴムがポロポロ剥がれてきている。この際もう少し大きいものを新調しようかとも思うが。さて。。。

b0079699_22443434.jpg
EOS20D Nikkor35mmF1.4
[PR]
by itokei2006 | 2009-08-01 22:46 | カメラ・機材


悩み多き写真。  
my HPへ  
カテゴリ
全体
写真のこと
そぞろ歩き
SAKURA
Forest
Bench
Flower shop
Show window
Waterside
Tools
The Line-scape
作品・展覧会
カメラ・機材
写真技術
撮影日記
もろもろ
C級グルメ
備忘録
未分類
タグ
(40)
(38)
(36)
(36)
(35)
(26)
(15)
(15)
(12)
(11)
(9)
(4)
(4)
(4)
(3)
(1)
(1)
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧