伊藤計一のブログ            >PHOTOGRAPHY 
ito2006.exblog.jp                                           
8.25 8x10現像結果
8x10の皿現像4枚が完了しました。
初めて処理した8x10はとても大きく感じハンドリングに苦労しました。やはり慣れが必要です。
b0079699_21332040.jpg
EOS20D Nikkor35mmF1.4

結果
ネガ傷つき・・・2枚
現像ムラ・・・軽いが全てに発生(焼きでなんとかなりそうな程度)
 (A)画像の4辺エッジが5mmくらいの幅で少し濃くなる・・・全てに発生
 (B)画像中央が少し薄くなる・・・1枚
布目模様の汚れ・・・・2枚

初めてであり、1枚は使えそうなのでとりあえずこれで良しとする。


原因と対策
 ネガ傷つき;停止/定着/水洗は2枚重ねて処理し、上下を入れ替える際に片方のネガの4隅のエッジがあたり傷つけたもの。対策は隅があたらないように両手で丁寧に処理。(2度目の2枚は無傷)

 現像ムラ(A);現像は六ッ切りのバットを2枚並べ、各々のバットで1枚ずつ処理したのだが、揺らし撹拌の祭の未疲労液がエッジに当たるため現像が深くなり濃度が上がったもの。対策は難しい。
撹拌方法を工夫してみたい。

 現像ムラ(B);撹拌の揺らしを長辺方向と短辺方向交互に行うが揺らし方が小さかったため疲労した現像液が中央に淀んだためと推定する。対策は揺らしをを大きくすると共にバットを大きくしてフィルム面中央での淀みを少なくする。

追伸;(A)(B)は引き上げ撹拌にすれば解決するかも。

布目模様の汚れ・・・ホルダーへのフィルム装填時に小さいダークバッグを使用したため乳剤面にダークバッグの布があたって付いた汚れと思われる。対策は8x10用のテント型チェンジングバッグを使用する。


やってみることで色々なことがわかる。次はもっと良い現像を!
[PR]
by itokei2006 | 2009-08-25 20:55 | 写真技術
<< 8.28 写真展のご案内 8.25 暗室復活 >>


悩み多き写真。  
my HPへ